ヨガの哲学を知ろう!すぐできる呼吸法とヨガの効果について

日本でヨガのイメージは、ストレッチのようなポーズを取っていく運動スタイル。ダイエットに効果的なエクササイズです。実際には、運動以上の意味も含まれていて、ヨガをするにつれて奥深さにハマっていく人も多いです。

ヨガ(Yoga)の語源は?

ヨガは、インドの言葉でサンスクリット語です。「つながり」を意味する言語が由来です。ヨガの哲学では、心と体がつながっている状態を意味します。そのため、リラックス、リフレッシュ効果も得られると言われ、人間の心の底にある欲望、執着を捨て、解脱に到達する道を見つけて精神統一をはかるのが目的とされます。

ヨガと筋トレとは違う点

ヨガは筋トレとはちょっと違っています。ヨガのポーズを取り、静かな環境で目を閉じ、自分の体の意識に目を向けます。他の人がポーズを取っているかなど周囲は気にせず、自分の「内なる声」に注目して頭をからっぽの状態にするように言われます。ヨガのポーズで代表的なものは、あぐらをかいて座っている姿勢です。この姿は瞑想をしている姿と重なります。

ヨガでは、常に呼吸を意識して行います。鼻から吸って、鼻から吐く呼吸法で、息を止めずにポーズを取ります。呼吸をすることで体を巡る「気」が流れてリラックス効果を得ることができます。

「ヨガは呼吸にはじまり呼吸におわる」という言葉があるくらいです。

呼吸法をやってみよう

あぐらをかいて、行うヨガですが、まずはポーズを取る前に呼吸法だけでも自宅でやってみましょう。姿勢を保ってリラックスし、腹式呼吸を行います。雑念を考えずに瞑想します。

呼吸法をやってみましょう。

(ヨガの呼吸法)
1.まっすぐに座ります。
2.頭が天井から糸で引っ張られているような状態で、背筋を正し、身体の中心のおへそ部分(へそから指3本下のツボ「丹田(たんでん)」)に力を入れます。
3.鼻から息を吐き、お腹がぺこっとへこむまで吐ききります。
4.吐ききったら、鼻から息を吸います。

8秒間で息を吐ききり、4秒間で息を吸うを1セットにして行います。お腹がへこむことで腹筋を鍛える効果もあります。

ヨガを続けることで

・姿勢が正しくなる
・体のゆがみをなおす
・痩せやすい体質になる
・インナーマッスルを鍛える
・血の巡りがよくなりホルモンバランスを正常にする

ほか、上の呼吸法で

・精神統一でイライラ感を沈める

ことも期待できます。瞑想に似た呼吸法を取り入れることで、精神安定ができます。ハリウッドセレブにも取り入れられているヨガは、ストレス社会を生き抜くための呼吸法が基本にありました。