札幌市民こそホットヨガ!1年中継続できるメリットも

北海道、札幌に住んでいる人は、東京に住んでいる人よりもホットヨガに通う「べき」という説があるのをご存知ですか?

東京、大阪、福岡、横浜、名古屋などは夏が暑く、2018年は猛暑日、酷暑日があり、最高気温が40度を超える日が続きました。そんな中でホットヨガに通うのはどうしても辛いと感じます。しかし、北海道は1年中涼しく、2018年も最高気温は34度。お盆、8月12日は27度、13日は27度、14日は23度、15日は22度と過ごしやすい気候でホットヨガにも通いやすいメリットがあります。

北海道ではスタジオ選びが重要!

北海道でホットヨガに通いたいと思っているのなら、スタジオ選びがとても重要です。北海道の面積は、83450㎢。思ったよりも大きいです。

地図では一番上に描かれることがあるため、縮尺がわかりにくい北海道ですが、函館から網走まで行くとなると7時間42分で602.6kmかかります。そして、飛行機を推奨されるくらい実際は遠いんです……!

札幌市から旭川市までの距離は137.4km。自動車では1時間43分かかります。例えば、端の網走市まで行くとなると自動車でも4時間22分。距離にして333.7km。札幌よりも遠い函館市からだと更に遠くなります。東京や大阪から見ると、同じ北海道でひとくくりにしてしまいがちですが、都市ごとでヨガスタジオを検索した方がよさそうです。

今回は、北海道でも一番多い札幌市のホットヨガスタジオを探してみましょう。札幌市は北海道の県庁所在地として有名な地域。

・LAVA札幌駅前店
・カルド
・ロイブ
・美温(Bion)
・HOT40YOGA
・スパ&フィットネスルネサンスアリオ札幌
・JOYFIT YOGA

がありました。店舗は札幌のホットヨガを参考にしてみてください。

東京や大阪もホットヨガスタジオは多いのですが、札幌は、立地や環境としてもホットヨガがふさわしい地域。夏も気温がそこまで上がらないのでホットヨガに通いやすいほか、寒くて冷えやすい身体を温めることができるので、冬の時期も冷え症の人は通うべきと言い切れます。

実際、ホットヨガスタジオのLAVAは、札幌市内に7店舗も展開していて通い放題のマンスリーメンバー、デイタイムでのマンスリーメンバーライト、月4回まで通えるプランもあります。

東京都も銀座に2店舗、新宿に3店舗と人気の駅には複数店の出店をしているLAVAですが、北海道の店舗は多いといえます。