ヨガの種類は?ピラティス・陰ヨガなど多くの種類が存在!

ヨガの種類は多く存在します。ヨガもピラティスもハリウッドセレブが注目しているため、似たような運動内容と思っている人が多いです。ヨガスタジオでピラティスの教室を開いていることもあり、同じようなくくりで語られているものの、ヨガでは内観を大切にし、ピラティスでは身体の筋肉に注目しています。

ピラティスとは?

ピラティスは、ジョセフ・ピラティスが提唱した運動メソッドです。”10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる”とも言われているように、運動としてはハード。

ヨガ、ピラティスの一番大きな違いは、ヨガが身体にアプローチするだけでなく精神的な面にも注目している一方で、ピラティスは肉体に注目をしている点です。ピラティスは肉体を訓練し、心のリフレッシュを目指します。運動をした後のすっきりした感じを最終目標にしているピラティスに対し、ヨガは心を満足させる方法を目標にしています。

ヨガの種類で最新は「陰ヨガ」……?

ヨガと言っても、色々な種類のヨガがあります。運動量が多いもの、リラックス効果が高いものと種類は様々です。

ホットヨガでも初心者向け、中級者向け、上級者向けと難易度の高い・低いがあるため、自分のレベルをはっきりさせてから行うようにしましょう。例えば、ハタヨガは全てのヨガの基本になったほど有名ですが、姿勢矯正のためのアイアンガーヨガや、少し難易度が高いポーズを行うアシュタンガヨガ、運動量が高くエクササイズとして取り入れられるパワーヨガもあります。

その中で注目されているのが「陰ヨガ」で、筋肉をほぐすことで心身に癒しを求めるヨガです。

ポーズをとった後に3分~5分程度同じポーズを続けるヨガです。身体だけでなく心もゆるませることができるため、リラックス効果が持続します。陰陽のエネルギーバランスを保つのが難しい現代に注目されているヨガで、よりリフレッシュ効果を得たい人にぴったりdす。

陰ヨガはポーズをとっている時間が長いため内観ができるヨガと注目されています。ポーズをとっている時は瞑想のような時間帯で、自分自身が考えていること、自分の内側を見つめることができます。落ち着いた心でいることを大切にして、ヨガを通して内面を見ることができるためセルフケアをすることがしやすくなります。もちろん、ストレッチにも似たヨガをすることで、筋肉をほぐしていけるため「可動域」が広がりしなやかな体作りができます。