ホットヨガとは何?美肌のためには汗が大切!

ヨガには多くの種類がありますが、ホットヨガに注目が集まっています。LAVAをはじめとして全国に店舗があるヨガスタジオでもホットヨガを取り入れているところが増えてきました。では、ホットヨガの美肌効果とはどういったところにあるのでしょうか。

ホットヨガとは?美容効果は?

インド発祥のYOGA(ヨガ)は、運動が苦手な初心者もはじめやすいストレッチに似た運動です。そして、温かい部屋の中で行われるホットヨガは、普通のヨガと違い「汗をかきながら」行うヨガです。

ヨガの魅力は、筋肉の負担も少ないため、運動が苦手な人もはじめやすいこと。

ホットヨガでは、気温38度前後、湿度60~65%の室内で行われます。ホットヨガスタジオのLAVAでは、室内の気温32~38度、湿度は50~60%に保たれていて、汗をかきやすい環境になっています。暑い部屋の中ではあるものの呼吸も楽にできます。

老廃物が外に出されるデトックス効果があり、爽快感を感じられます。新陳代謝を上げるためにホットヨガは効果的です。健康だけでなく美容にもいいとされ、上級者もホットヨガを好んでいる人は多いです。

ホットヨガで汗をかいて美肌に

肌がきれいかそうでないかは、汗のかきかたによって違いがあります。

汗と聞くと、においのもとになり、べとつく印象があるため悪い印象が中心ですが、運動をすることで皮脂腺がはたらき、さらっとした汗になります。毛穴の老廃物を汗と一緒に出すことができ、肌の酸化のもとを押しだす効果が期待できるからです。

良い汗は水分が多く、さらっとしています。反対に、悪い汗はべとべとしていて、塩分、ミネラルが多いです。

汗は、「天然の化粧水」「最高の美容液」とも呼ばれています。上手につきあうことでエイジングケアをすることもできるんです。

汗は、エクリン汗腺やアポクリン汗腺、アポエクリン汗腺と呼ばれる3つの汗腺から出てきます。汗の主成分は水、塩化ナトリウム。肌の保湿も保っていて、皮脂と混ざることでバリア機能を保っています。運動、半身浴をすることで汗をかくと、肌が潤い、乾燥知らずの肌になります。弱酸性の肌のpHも守ってくれます。

悪い印象なのは、汗にナトリウムや尿素、乳酸、アンモニアなどの成分も含まれているから。表皮の常在菌に分解されて汗臭と呼ばれるにおいになってしまいます。

汗にもいろいろとあり、

・体温調整性発汗
暑い時、運動した時に出る汗で体温調整が行われます。

・精神性発汗
緊張した時に出る汗です。

・味覚性発汗
辛いものを食べるとなります。