月別アーカイブ: 2018年9月

ホットヨガはカロリーも消費量No.1だった?運動量は?

ヨガは運動が苦手な人も挑戦しやすいと評判ですが、どのくらいのカロリーを消費できるのでしょうか。運動が苦手な人は、どうせならカロリー消費量が高くて効率的な運動をしたいと思います。そんな時にもホットヨガがおすすめな理由がありました。

ヨガでもカロリー消費No.1だったホットヨガ!

ヨガでカロリーを消費したいのなら、ホットヨガを取り入れるのが賢い選択。ホットヨガの60分間の消費カロリーは約330kcalと言われています。人によって消費カロリーは違い、大体330~350kcalと言われています。

ヨガでもカロリー消費量が違います。

蓮華座になって瞑想するヨガ「ラージャヨガ」……0kcal
マタニティヨガ……55kcal
シバナンダヨガ・ハタヨガ……110kcal
パワーヨガ……200kcal

瞑想だけのヨガ、ラージャヨガは身体を動かしていないので0kcal、妊婦の人が行うマタニティヨガは呼吸法が多く、身体をあまり動かしません。そのためカロリー消費量も低いです。ヨガの基本と言われるハタヨガは110kcal。これらのヨガはホットヨガと比べると半分以下の運動量です。

注目を集める筋トレ効果の高いパワーヨガは、ハリウッドセレブも取り入れている方法で、これから流行しそうだと言われています。かなりハードなイメージなのですが、それでもホットヨガよりも運動量は低い200kcalの消費です。

ホットヨガは60分できない?

ホットヨガは60分で330~350kcalの消費になりますが、問題がひとつあります。それは60分の長時間コースがないこと。

大体、ホットヨガは45~50分の時間になっていて、水を飲みながら行います。60分の長時間コースはありません。また、汗として水分が体外に排出されていきますが、水を大量に飲むと水太りになってしまうこともあります。

また、特別な施設がないとできないので、ホットヨガをしたいのならわざわざホットヨガのジムに行かないといけません。

カロリーをマクドナルドと比較してみた!

ホットヨガは330~350kcalと消費量も高いのですが、どのくらいなのかわかりにくいので比較してみましょう。マクドナルドの月見バーガーが158kcal、ビックマックが225kcal、てりやきマックバーガーが156kcalなので、およそ2個分が消費できる計算です。

そう考えると、同じ時間だけヨガをするなら、一般的なヨガよりもホットヨガをすることで、消費カロリーも高くなり、効率的にダイエットできるような気がします。

ホットヨガに必要なもの!服装はユニクロやGUでもいい?

ホットヨガの体験に行こうと思った時に、どういった服装を選べばいいのか迷います。わざわざ購入するのも大変で、ファストファッションで済ませたいと思う人もいることでしょう。ホットヨガで必要なものと選び方、どういったポイントで選べばいいのでしょうか。

ホットヨガに必要なもの

ホットヨガに行く際に必要なものがあります。

・ヨガウェア
・ヨガマット(ヨガスタジオが貸出のことも)
・ヨガマットケース
・ヨガラグ(タオルのようなもの)
・飲み水
・ヨガスタジオによってはオイルやバーム
・ヨガスタジオによってはリラックススプレー
・着がえ、タオルなど

これだけが必要です。

初回体験だとヨガスタジオが準備しておいてくれることもあります。ヨガマットは初回だと貸出をしてくれることが多く、無料のほか、1回単位で有料の場合があります。基本はヨガウェアと飲み水、着がえやタオルが必要です。

ヨガラグがあると便利?最近の傾向

最近の傾向として、ヨガマットの上にヨガラグを用意するヨガスタジオが多いです。

ヨガラグは、ヨガマットに敷いて使うタオルのことで、ヨガマットと同じ大きさです。ヨガラグがあるとお洗濯が気軽にできて衛生的です。ヨガマットは汗が染みこんでしまいます。顔をつけると皮脂もつきます。表面をスプレーで拭き取ることはできても、汗が染みこんでしまうと消耗が激しいため、ヨガラグを使うことが増えてきました。

・ヨガマットは表面を拭くことができるものの丸洗いは難しい
・ヨガラグによって汗によってすべるのを抑えてくれる
・ヨガマットのゴムのニオイを抑える

初回では必要ないこともありますが、ヨガマットのほかヨガラグがあると便利です。

ヨガウェアを選ぶチェックポイント

ヨガウェアは、初回体験だとファストファッションで構いません。ホットヨガに興味があり、体験レッスンに行く時にヨガウェアをどうするかと考えた時、ユニクロやジーユー、Amazon、ベルメゾンで売っている安価なものでも十分です。もし、通って行くにつれて興味がわいたら専用の商品を買ってみるのもいいですね。

新規購入するなら、

・身体を締めつけない
・汗をかいても快適なもの
・持ち運びしやすいもの
・汗をすっても重くならない
・汗をすっても身体にはりつかない

ものを選びます。

意外かもしれないのですが、綿100%のTシャツは避けておきましょう。ホットヨガでは洋服が汗を吸います。身体にはりつきボディラインがわかってしまいます。また、白い色のTシャツは汗を吸うと黄ばんでしまいます。

ホットヨガとは何?美肌のためには汗が大切!

ヨガには多くの種類がありますが、ホットヨガに注目が集まっています。LAVAをはじめとして全国に店舗があるヨガスタジオでもホットヨガを取り入れているところが増えてきました。では、ホットヨガの美肌効果とはどういったところにあるのでしょうか。

ホットヨガとは?美容効果は?

インド発祥のYOGA(ヨガ)は、運動が苦手な初心者もはじめやすいストレッチに似た運動です。そして、温かい部屋の中で行われるホットヨガは、普通のヨガと違い「汗をかきながら」行うヨガです。

ヨガの魅力は、筋肉の負担も少ないため、運動が苦手な人もはじめやすいこと。

ホットヨガでは、気温38度前後、湿度60~65%の室内で行われます。ホットヨガスタジオのLAVAでは、室内の気温32~38度、湿度は50~60%に保たれていて、汗をかきやすい環境になっています。暑い部屋の中ではあるものの呼吸も楽にできます。

老廃物が外に出されるデトックス効果があり、爽快感を感じられます。新陳代謝を上げるためにホットヨガは効果的です。健康だけでなく美容にもいいとされ、上級者もホットヨガを好んでいる人は多いです。

ホットヨガで汗をかいて美肌に

肌がきれいかそうでないかは、汗のかきかたによって違いがあります。

汗と聞くと、においのもとになり、べとつく印象があるため悪い印象が中心ですが、運動をすることで皮脂腺がはたらき、さらっとした汗になります。毛穴の老廃物を汗と一緒に出すことができ、肌の酸化のもとを押しだす効果が期待できるからです。

良い汗は水分が多く、さらっとしています。反対に、悪い汗はべとべとしていて、塩分、ミネラルが多いです。

汗は、「天然の化粧水」「最高の美容液」とも呼ばれています。上手につきあうことでエイジングケアをすることもできるんです。

汗は、エクリン汗腺やアポクリン汗腺、アポエクリン汗腺と呼ばれる3つの汗腺から出てきます。汗の主成分は水、塩化ナトリウム。肌の保湿も保っていて、皮脂と混ざることでバリア機能を保っています。運動、半身浴をすることで汗をかくと、肌が潤い、乾燥知らずの肌になります。弱酸性の肌のpHも守ってくれます。

悪い印象なのは、汗にナトリウムや尿素、乳酸、アンモニアなどの成分も含まれているから。表皮の常在菌に分解されて汗臭と呼ばれるにおいになってしまいます。

汗にもいろいろとあり、

・体温調整性発汗
暑い時、運動した時に出る汗で体温調整が行われます。

・精神性発汗
緊張した時に出る汗です。

・味覚性発汗
辛いものを食べるとなります。